お問い合わせなど
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

ウェルネスサポートの特色

脳活性化:MMS

脳活性化:MMSで脳活性化レベルを見極め、ひとりひとりに適した脳活性化を。

理解する力や判断する力などの認知力を調べるテストのひとつに
MMS(Mini Mental State)というものがあります。
このMMSを用いてそれぞれの脳活性化レベルを見極め、
レベルに適したグループに入っていただき脳活性化を促していきます。

MMS:Mini Mental State
MMSは老人性認知症における認知機能の障害の有無や程度を評価する簡易知能検査法であり、MMSの得点は主に左脳が担う認知機能(言語性知能)を反映しています。検査方法は「口頭による質問形式」で実施し、23点以下の場合は一般に認知障害があるとされています。

脳活性化プログラムの流れ

  • 1 脳活性化:MMSで脳活性化レベルを見極め
    MMSで脳活性化レベルを見極め
    通所開始後、最初の1か月間
    ①MMS(1対1の面談方式)。
    ②プログラム中での状態観察。
    ①②により、脳活性化レベルを見極めます。
  • 2 小グループでの脳活性化ゲーム
    小グループでの脳活性化ゲーム
    適したレベルの小グループに入っていただき、レベルに適したゲームを提供していきます。集中力・取り組み度合・できる度合を記録していきます。
    プログラムを提供するにあたって、意欲や根気、自発性、注意力を高める工夫や配慮をしていきます。写真はチャレンジタイムの様子です。
  • 3 身体と脳のバランス良い活性化
    身体と脳のバランス良い活性化
    それに並行し、機能訓練体操や集団レクリエーション、趣味活動などを行い、身体と脳のバランス良い活性化を図っていきます。
  • 4 効果測定
    効果測定
    半年後、再度MMSを行い、脳活性化の効果を測定するとともに、適したグループに入っていただき、脳活性化を続けていきます。
    点数の維持・改善を目指しましょう!!